先輩の声をご紹介します

秋保先輩
藤田先輩

薬剤師 秋保先輩

興味を持ったきっかけは

社員から楽しく仕事をしていると聞いていた事と、僕の個人的な基準ですが、『社長』が「薬剤師である」「現場で薬剤師として働いている」「地元で勤務している」と言う条件にあっている会社であった事。

入社前の会社の印象

楽しく仕事が出来そうな印象。また、より良い会社を作る為に意見を聴き、成長していくつもりがありそうな印象でした。

入社後の会社の印象

「職員の話を聞きます」と言いながら、耳で聞くだけで提案を採用する気は無いと言うのが他の大半の会社の現実だが(笑えない事実)、この会社は、より良い提案は採用し、変革を受け入れていく事が出来る会社だと感じた。

また、自分の努力により、職場や会社全体をさらに良いものに成長させる手助けをすることが出来るような印象を受けた。

秋保

 

秋保 秋保

仕事で苦労している事

自分で考え新たな仕事に取り組んで良いと言うのが会社からの指示なので、苦労する事も有りますが、やりがいを感じる所でも有ります。

どんな時にやりがいを感じるか

患者さんから「ありがとう」と言われるのは毎日だが、言葉だけでなく、本当に気持ちが通じたと感じる時、また、会社内の仕事でも自分の努力が成果を出した時には、やりがいを感じます。

失敗談とそのときの周りの対応

患者さんや周りの職員との意思疎通が上手くいかない時もあったが、先輩たちから、薬剤師として、また、社会人としての接し方や考え方を教えてもらいました。

今後のキャリアビジョン

秋保

自分や周りの職員のやりたいことややりがいを感じる事を、会社の業務につなげていけるような能力を身に着けて行きたいです。

また、認定薬剤師や実習薬剤師の認定もとっていきたいです。

ページの先頭へ

薬剤師 藤田先輩

藤田

興味を持ったきっかけは

たまたまお話したMSさんが、高田社長の薬局が帯広に出店するにあたり、薬剤師をお探しになっているという情報を下さいました。

入社前の会社の印象

入社前は、浦幌と豊頃の2店舗のみの店舗展開だという情報のみでしたが、、高田社長が社長で無い頃に、1度お話しする機会がありました。その際の未知なる可能性を秘めたお言葉はとても印象的で、今でも心に残っています。忘れられません。

“ネット”は、車屋さんみたいな名前だなぁと思いました。

入社後の会社の印象

アットホームな会社だなぁ

 

仕事で苦労している事

“苦労している”と思うことはありませんが、“たいへんだなぁ”と思うことはあります。

何事にも真面目に向き合って、その壁を乗り越える事ができた時は達成感もありますし、その経験が自分の財産にもなりますので、努力は怠らないように心がけています。

管理薬剤師という肩書きを頂いていますので、薬学的・薬局運営知識は勿論のことですが、人間性も備わっていなければと思っています。

どんな時にやりがいを感じるか

者様と上手に意思疎通が図れたと感じた時は、とても嬉しく思います。

失敗談とそのときの周りの対応

失敗はありすぎて書ききれません・・・・・

ひとつ挙げるのであれば、わたしが若かりし頃の事ですが、あるDr.の元に向かっている途中に、ある患者様に呼び止められ、体調や薬の質問に対応してしまい、Dr.の元への到着が少々遅れてしまった事です。

ものすごくDr.に叱られてしまいました。未熟でしたね。今すべき事の適切な判断が出来ていなかったと、今でも反省しています。

藤田 藤田

今後のキャリアビジョン

藤田

患者様から“かかりつけ薬剤師”として選んで頂けるようになりたいと思っています。

そのためには、職業倫理と薬学的専門性、そして仁徳も備わっていなければと思いますので、常に自分への課題を積極的に見つけて、それと向き合いながら、悩んだり解決したり習得したりして、成長して行けたらと思っています。

そうすることで、社会の様々な環境の変化や時代に柔軟に対応出来るようになり、微力ながらも、社会や会社に貢献出来るのではと思います。

ページの先頭へ